エッグドナー|自宅でできる女性の簡単副業

エッグドナー|自宅でできる女性の簡単副業

エッグドナーとは

あまり聞き慣れない「エッグドナー」。要するに「卵子提供者」という事になります。最近では不妊治療という言葉はかなり浸透していますがそれでも妊娠できない夫婦は現実にいます。そのような夫婦の選択肢として卵子提供が必要になります。健康で若いエッグドナーから卵子を貰い受精を行います。卵巣に受精卵を戻して妊娠、出産を目指します。ただひとつ問題があります。日本でも行われていないわけではないのですが事例が少ないだけでなく、法整備がまだ整っていないのです。合法的に卵子提供ができる国に渡航して行う必要があります。このように一般的な副業に比べてハードルが高いため、事前のチェックはかなり慎重に行う必要があります。

エッグドナーの仕組み/作業内容

では実際にエッグドナーになるには何から始めたらいいのか。まず専門のエージェントに問い合わせを行います。最近では卵子提供エージェントサイトも充実していますのですぐに見つけることができます。エージェントとアポを取りカウンセリングを実際に行い登録を完了させます。登録の条件ですが、健康で若い卵子が必要なためそこそこ厳しい条件と思って下さい。まずは年齢。基本的に20代の女性となっています。またタバコを吸っていると登録はできません。もちろんホルモン値、感染症などの検査もあります。登録後、ドナーとして選ばれた場合、準備期間(数カ月掛かる場合もあります)を経て健康診断を行い問題がなければ実際に採卵を行う国に行って採卵を行います。実際の渡航日数は半月~1ヶ月程度が平均となっています。渡航先もエージェントによってアメリカやタイを始め数ヶ国あります。
気になる謝礼金ですが、平均して50万~60万くらいとなっています。もちろん実際にエッグドナーになる場合は事前に説明を受けますのでご安心下さい。またわからないことや聞きたいことは遠慮なく質問した方がいいかと思います。
エッグドナーは治験と並んで自分の身体を使うことになりますのである程度の覚悟が必要になるかと思います。考え方にもよりますがどちらも「社会貢献」「ボランティア」に近いので興味がある方は問い合わせだけでもしてみてください。

エッグドナーに必要なスキルや時間

スキル
・健康である
時間
・半月~1ヶ月

エッグドナーのメリットとデメリット

メリット
・高収入
・社会貢献
デメリット
・条件が厳しい
・半月程の渡航期間が必要
・身体への負担

オススメエッグドナー

Japan EGG Bank

卵子ドナー募集を行っているサイト。エッグドナーに関する様々な疑問や質問も掲載されているので、情報収集としても便利なサイト。