治験|自宅でできる女性の簡単副業

治験|自宅でできる女性の簡単副業

治験とは

治験による副業は安定して人気のあるお仕事です。厳密に言えばお仕事ではなくボランティアの部類に入ります。ただ「謝礼金」として治験者に対してそこそこ高額のお金が貰えることが人気の理由となっています。また副業を禁止している企業に努めている方でも謝礼金が手渡しで貰えたり厳正徴収を実施していないことから「会社にバレにくい」という点からも支持されています。もし勤め先から副業禁止と言われているのであれば候補にいれるのもありかと思います。ただ100%バレないというわけではありませんので注意は必要になります。
現在様々な副業が存在していますがどれも「途中で面倒になった」「飽きた」などの理由で挫折してしまうケースが多くあります。治験を副業とした場合は基本的に途中で中止しづらいというのと、短期間で謝礼が貰えることもあり面倒くさがり屋の方や飽きやすい性格の方でも最後まで続けやすいという利点もあります。

治験の仕組み/作業内容

現在病気などで通院や服薬をしている方でもできる治験はありますが基本的には健康体の方を募集しているケースが多いのが現状です。ただ特定の疾患を持っている方用の治験は人数を集めるのが困難ということから、健康な人向けの治験よりも謝礼金が高いケースがほとんどとなっています。治験には「入院タイプ」と「通院タイプ」があり、最近では通院タイプの治験が増えているため、現在昼間働いているという女性でも参加できることからも副業として人気が高まっています。ただ治験を掛け持ちすることは禁止されています。手軽にできる副業であっても目的はあくまでも「治験」です。注意して下さい。
もし治験を行なって健康被害を受けた場合はどうなるのか。その場合は製薬会社が補償することになっています。ですので治験によって治療が必要になった場合はその製薬会社の負担になります。
では実際に治験を行いたい場合、どのように始めたらいいのか。様々な治験募集を集めている「治験募集サイト」がありますのでそちらから自分に出来そうな治験を選んで申し込むことになります。通院や入院が必要な場合はもちろん近くに住んでいる必要がありますが、通院や入院が必要ない治験であれば地方に住んでいる女性でも参加することが可能です。

治験に必要なスキルや時間

スキル
・健康である(疾患者募集もあり)
・まとまった日数を費やせる
時間
・治験の内容による

治験のメリットとデメリット

メリット
・高収入
・期間が決まっているので予定を立てやすい
・会社にバレずらい(雑所得のため)
デメリット
・時間がかかる
・健康被害の可能性がゼロではない

オススメ治験

生活向上WEB【治験モニター募集】

45万人以上の会員がいる治験モニター募集サイト。治験だけでなく様々なプロモーションや商品モニターなど、幅広い情報が掲載されています。